成長ホルモンの増やし方 - すこやかBB腰痛整体

HOME > 整体師の感想 > 切通 陽子先生 > 成長ホルモンの増やし方

成長ホルモンの増やし方

2014年08月19日

成長ホルモンの分泌を活性化させるために大切なことは、睡眠、運動、食事(特にたんぱく質の摂取量)です。そのなかでも特に重要なのが充実した睡眠です。

成長ホルモンが最も多く分泌されるのは、睡眠中の午後11時から午前2時の間です。睡眠中に均一に分泌されるのではなく、寝ついて2時間以内の深い眠りのときに多く分泌されます。

睡眠は健康な体と心を維持するために重要な行為です。睡眠の質が最も高いときに、脳細胞をはじめ体の細胞は疲労から回復し、皮膚基底層では細胞分裂は活性化、脳下垂体からは成長ホルモンが分泌されます。

睡眠の質を低下させる要因として、ストレス、運動不足、過労、大量のアルコール摂取、肥満(睡眠時無呼吸症候群)、悪い睡眠環境、交感神経の緊張、そして松果体からのメラトニン分泌低下が挙げられます。

睡眠の質を上げるための工夫として、

・睡眠時は照明を真っ暗にする。

・室温は18℃から25℃。湿度40から60%

・とにかく眠る(睡眠時間の確保)

・副交感神経を刺激する。

・夜にカフェインを摂らない。

・ストレスを癒して眠りにつく。

・なるべく音のない静かな空間にする。

・鼻呼吸。

昔から「寝る子は育つ」「美人は夜つくられる」といわれますが、睡眠中に分泌される成長ホルモンによる「骨や筋肉の成長」「美肌の維持」を示しているのでしょう。成長ホルモンの分泌を促し、その働きによる若々しさを保ち、取り戻すために良質な睡眠は大切です。

睡眠環境を整える工夫をしてみましょう。

また、からだが歪んでいると24時間、寝ているときも筋肉が緊張状態です。緊張したまま睡眠をとっても疲労を回復することは難しいです。

すこやかBB腰痛整体でからだを調整すると、「よく眠れる」という感想をいただきます。からだを調整することは自律神経を調整することでもあります。よりよい眠りのためにからだの調整をおすすめします。

           LOVE&PEACE

           きりとおし ようこ



ご予約・お問い合わせはこちら

その日の体調・症状・状態を、前回と比較し、細かくカウンセリングすることで、 体にあった、オーダーメイド整体を行っております。

症状は、同じに見えても 原因は、人それぞれ  あなたの 目的に合わせて よくなるベストな 方法を提供しております。


PageTop

顎関節症
小顔・ダイエット
体験者の声
スタッフ紹介
施術の特徴
施術の流れ
健康と整体
体の不調の人はゆがんでいる
当店の実績
必見HP特典
すこやかBB腰痛整体
代表紹介
リンク
ダイエット子顔 美容整体 公式サイト オープンしました
千葉 整体 ヤフー・googleで1位になりました
BeeTV

営業時間のご案内


830分-2030
(最終受付19時50分

定休日:年末年始のみ

ご予約のお申し込みは
お気軽にお電話ください


元気になりたい予約は、今すぐ

043-278-3746

千葉市で腰痛でお悩みの方
千葉市で肩こりでお悩みの方
千葉市でその他の症状でお悩みの肩
千葉県 千葉市 美浜区エキテン1位

こんな症状の方が
多くご来店されています


・腰痛
・顎関節症
・頭痛
・肩こり
・背中痛
・足のひえ
・手足のしびれ
・手足のむくみ
・慢性疲労
・スポーツ能力向上
・スポーツの怪我防止
・産後の体調管理
・産後の骨盤矯正
・膝痛

マンガでわかる千葉市すこやかBB腰痛整体!
カテゴリー
新着記事