BB整体 - すこやかBB腰痛整体

HOME > 整体師の感想 > 石塚えみ > BB整体

足の形は色々

2014年11月18日 [記事URL]

自分の足をまじまじと見たことはあるでしょうか?
私は、左足の第2指(人差し指)が第1指(親指)より長くて、右足は第1指(親指)が一番長いです。
なんで左右で違うんだろう...と思ったのは随分前のことですが、人の足を、足先のかたち(足の指の長さのバランス)で分類すると、おおよそ「エジプト型」「ギリシャ型」「スクエア型」の3種類に分類することができます。

?まず、第1指(親指)が一番長いタイプの足を、「エジプト型」と呼びます。日本人の中では最も割合の多いタイプで、約65%?75%くらいの割合なのだそうです。
続いて、第2指(人差し指)が一番長いのが、「ギリシャ型」で、10%?25%くらいの割合。
最後に、第1指(親指)と第2指(人差し指)がほぼ同じ長さなのが、「スクエア型」で、5%?10%くらいの割合なのだそうです。

ちなみに、「エジプト」「ギリシャ」という名前はどこから来たのかと言えば、 古代ギリシャやエジプトの彫刻の足の形からきたそうです。

どのかたちが良いということはありませんが、「エジプト型」は、外反母趾になりやすいと言われていて、「ギリシャ型」は、足の指の第2関節が 屈曲して槌状(ハンマー状)に変形しやすい、「スクエア型」は靴ずれができやすい等の傾向があるようです。
足に痛みを感じる人は多いとは思いますが、足のアーチ(縦アーチ、横アーチ)や、踵の骨の傾き、土踏まずなど、色々な要素が関わってくるので、あくまで傾向があるというだけのことです。

ちょっとした時に、何となく自分の足を眺めてみて自分の足の特徴を知ると、靴を選ぶときなどには役立つのではないかと思います。



不思議な感覚

2014年11月17日 [記事URL]

不思議な感覚

私は、中学生の頃から肩こりを感じていたほど重い肩こり持ちでした。
当時は、整体・カイロプラクティックなどというものが存在するなどとは知りませんでしたし、その頃はまだ、それらの治療院というものはかなり少なかったのではないかと思います。

その後、働いてお給料を貰うようになってからは、時々、クイックマッサージに通ったりしていたのですが、その時は気持ちがいいのに、翌日になるとなぜかまた凝っているのはなんでなんだろうか...などと感じつつも、そういうものなのだと勝手に納得していました。

整体・カイロプラクティックを勉強する前は、会社員として働いていたのですが、毎日のPC作業などでいつも肩はパンパン、時々は頭痛にも悩まされていました。
そんな時、時々整体を受けていた母から勧められ、ものは試しにと思い受けてみたところ、それが最初の不思議な体験でした。

肩を揉んだりマッサージしたりするわけでもなく、とても軽くて何をしているか分からないくらいなのに、終わると何だかスッキリしている...というあまり味わったことのない感覚でした。

「凝っている筋肉だけをほぐしても、凝ってしまう原因をなくしていかないといけないんですよ」と、確かその時言われたのですが、その時はよく意味が分からなかったものの、今思い返してみると、まったくその通りだと思います。

凝っているのは、理由があります。どうしてそこに負担がかかってしまうのか?その痛みの原因はどこなのか?それを考えていかないと、その場では軽くなったのに、一晩寝るとまた戻る...の繰り返しです。

朝起きて、身体の疲れが取れないどころか何だか疲れている、朝起きると腰が痛い、肩が凝っている...など、そんな経験がある方は、ぜひ一度すこやかBB腰痛整体の施術をお試しください。



朝の散歩で深呼吸

2014年11月17日 [記事URL]

以前、深呼吸がもたらす良い効果という内容でブログを書いたのですが、書いたからにはと、今まで以上に「深呼吸」を意識するように心がけています。

毎日ではありませんが、朝少し早めに起きて、犬の散歩で自宅から少し離れた土手まで歩いています。
土手の目の前は田んぼ、さらにその向こうには県道を走る多くの車が見渡せます。
その土手では、あまり人とはすれ違うことはないのですが、時々、景色の良さから、缶コーヒーなどを持って休憩しながら景色を見ている人もいるような、リラックススポットです。

さて、土手に着くと、犬と一緒に歩きながら、時々立ち止まって思い切り深呼吸します。
(時々、何やっているんだ!?というような顔で犬が振り返りますが、気にせず深呼吸していると、しょうがないな...という感じで待っていてくれます)

お腹をへこませて、思い切り胸を膨らませて息を吸い込み、最後までしっかり吐ききります。朝は、何となく空気が新鮮なような気がして、深呼吸すると頭や目がすっきりします。
また、目の前の景色の良さも加わって、すーっと身体の力が抜けていくような気持ち良さがあります。
最近は、深呼吸にプラスして、両腕を開いて後ろにし胸を開くようにしながら深呼吸をするようにしています。
そうすると、鎖骨周辺の筋肉がスーッと伸びてくれるのでスッキリ感がアップします。

これから益々寒くなっていくと、なかなかベッドや布団から出たくなくなってしまいそうですが、朝の習慣として、できるだけ続けていきたいと思っています。



深呼吸、していますか??

2014年11月13日 [記事URL]

深呼吸、していますか??

最近忙しくて何だか疲れが溜まっているな...と思っているみなさん、最近、「深呼吸」ってしていますか?
たかが深呼吸、されど深呼吸。身体に良い事がたくさんあるんです。

まず、疲れを感じた時に、大きく息を吸ってゆっくり吐くと、身体の硬さがほぐれてゆったりした気分になりますよね。こうしたリラックス効果は、深呼吸のもつ大きなメリットの一つです。

ちょっとした空き時間に手軽に行えるというのも大きなポイントです。
大きく息吸うと、それが脳への刺激になり、「リラックスするように」と身体に命令がいきます。全身の力が抜けるので、ストレス・肩こり、または、最近疲れが抜けにくいなと思う方、呼吸が浅くなっていないかをぜひチェックしてみてください。

また深呼吸によって、胸の筋肉や胸郭(肋骨などを含む胸周りの骨格)を動かすことで、血液やリンパの流れがよくなり、お肌の新陳代謝に繋がったり、さらには、胸郭を動きと共に胃腸や横隔膜が一緒に動くので、消化の働きが良くなったりと、いい事ずくめです。

すこやかBB腰痛整体では最近、「疲れてくると、つい猫背になって呼吸が浅くなっちゃうのよね」と仰る方が多いように感じます。
そう思うということは、自分の身体と向き合っているということでもあるので、とても良いことだと思います。
そんな時、まずは手軽に出来る方法として、背筋をピンと伸ばして、身体の力を抜いて思いっきり深呼吸してみてはいかがでしょうか。



片側の靴の外側がすり減る

2014年11月11日 [記事URL]

先日、電車に乗っている時に、目線の先に立っていた男性の靴底にたまたま目が留まりました。
友人とおしゃべりしながら、気づくと、右脚に体重をかけて立っています。
そのまま歩いたら、靴というか身体が右側に傾くんじゃないかというくらい、右側だけ靴の外側がすり減っているので、ついつい気になってしまったのです。

20代前半くらいの若い男性のようだったので、まだ若いけど、膝痛とか腰痛は大丈夫かな...などと勝手に心配しながら、右脚にばかり体重をかけるクセに気づいてくれたらいいなぁ。。。などと、乗車中に余計な心配(?)をしていました。

左右の靴のすり減り方が違ったり、極端に外側がすり減ったり、内側がすり減ったり...、みなさんの普段履かれている靴はそんなことはありませんでしょうか?
歩き方のクセ、体重のかけ方のクセ、普段のクセや負担の蓄積が痛みに変わってしまう前に、一度チェックされてみてはいかがでしょうか。

「外出用の靴がどうも合わなくて、たった1日履いただけなのに、てきめんに腰の痛みが出てしまった」という方が最近いらっしゃいました。
足がきちんと歩行時の衝撃を吸収できないと、全身色々なところに影響が出ることが考えられます。

また、すこやかBB腰痛整体にご来院頂いている方にはよくお話しをするのですが、足首が硬い(仰向けで、膝を曲げずに足首を頭側に曲げた時に20度以下の方は、1日30分以上歩くと、約7割の方が膝痛もしくは腰痛になる傾向にあります)ことは、身体に大きな負担がかかります。

靴底をチェックしてみたり、左右の足首の曲げ易さを比べてみたり、時々身体のバランスを自分で確認してみてはいかがでしょうか。



「痛みが出る前のケア」とは、いつやればいいのか?

2014年11月09日 [記事URL]

「痛みが出る前のケア」とは、いつやればいいのか?

勉強と自分自身の身体のケアを兼ねて、時々整体やカイロプラクティックを受けに行くことがあります。
やはり、他の院はどんな対応をするんだろう、どんな施術をするんだろう、どんなシステムなんだろう、とつい気にして見てしまいます...。

これは、だいぶ前の話ですが、いわゆる肩こりということで施術を受けに行きました。
院内も清潔で施術を受けた後はスッキリした感じもあり満足していました。
最後に質問はないですか?と聞かれたので、パソコン作業をすると肩が凝るのですが、何かそういう時にできることはないですか?と質問したところ、「痛みやコリを感じてからでは、本当は遅いんですよ」という答えが返ってきました。
そのあと、簡単なストレッチ方法を教えてくれたのですが、「コリを感じてからでは遅いなら、どうすればいいんだろう...」と疑問に思っていたものの、何となく聞けず終いで院を後にしました。

改めて今思い返すと、身体の不調を予防することが大切だとすれば、自分自身で身体の状態をチェックする方法を教えてもらえたら良かったのではないかなという気がします。

さて、その点、すこやかBB腰痛整体ではどうかと言えば、まずは施術前に行う検査がいくつかあり、その結果を改善具合・身体の状況を知るための判断基準のひとつにしています。
患者さん自身にも、どれくらい足が曲がるか、腕が上がるか、前屈がどこまでいけるか...などなど、実際に体感し、さらに目で見て確認して頂き、時々ご自身でもチェックしてみて下さいね、とお伝えしています。

痛みや違和感というのは、必ずしもではありませんが、ほとんどが長年の生活で身体にかけてきた負担の蓄積によって現れます。
実際に、身体の検査を行った際に、だいぶ肩や腰に負担がかかっていても、「肩こりの自覚はないんです」とか、「腰痛は今のところほとんどないんです」と言われる方もいますが、まさに、痛みが出てからでは遅いという状態の方が以外と多いように感じます。
いわゆるギックリ腰を経験された方も、痛みが突然襲った瞬間の出来事は、あくまできっかけで、それ以前に腰に負担がかかり続けた蓄積の結果であったりします。

やはり、痛みが出る前に、ご自身の身体の声に耳を傾け労わること、それが大切なのだと思います。



精度の高い検査って...

2014年11月06日 [記事URL]

精度の高い検査って...

"何度行っても同じ結果が出る=再現性のある検査を行うというのは、想像以上に難しい"
という内容を前回書きました。

例えば、足首がどれくらい曲がるかを確認するとしても、足が外に開いてしまったり、膝が曲がってしまったりと、少し何かが変わっただけで、検査結果が大きく変わってきます。
また、すこやかBB腰痛整体では、どのように身体が変わっていったのか、過去の状態と比べられるよう写真を残しています。
つまり、「過去の写真と同じ撮り方」であることも重要になってきます。


さて、検査の仕方、写真の撮り方ももちろん大事ですが、それ以上に難しいのは、その検査を元にして患者さん自身に「現在の身体の状態」を確認頂き、そこからどう変化したのかを感じて頂くことです。

例えば、座った状態で腕がどこまで挙がるかをチェックした場合、「座った時の姿勢」や「腕を挙げる位置(前から挙げるのと横から挙げるのでは結果が大きく違ったりします)」など、"検査するための姿勢"を整えなければなりません。
肩に痛みや違和感があると、痛いところを使わずに腕を挙げようとしたり、楽な位置から挙げようとしたりするので、まるで問題なく腕が挙がっているように見えても、実はそうではないということがあります。
しかし、それは無意識であったりするので、検査を行う私たちが正確性を保たなければならないところであり、患者さんに「施術前と施術後で同じ検査をしている」ときちんと分かって頂けるやり方を行わなくてはなりません。

精度の高さだけではない、患者さんと身体の状態を共有できる検査、これが私の考える理想的な検査です。



検査は重要だからこそ整体は難しい

2014年11月04日 [記事URL]

整体の施術というと、「患者さんの痛みや不調を改善していくためにベストな施術を行うこと」それが大事、というのは当然のことだけれど、施術を行うためには、「検査」がものすごく大事です。
まず、
1:患者さんの状況を確認するため
2:不調や痛みの原因を見極めるため
3:施術するべきポイントを見極めるため
4:患者さんに現在の身体の状態を知ってもらうため
5:施術前と施術後の変化を客観的に確認する(確認してもらう)ため

と、色々検査の目的が考えられますが、検査が重要と言っても、これがなかなか難しく、仮に何度行っても同じ結果が出る=再現性のある検査を行うというのは、想像以上に難しいです。
また、自分自身でも検査を受けてみると、実際に体感している状態と検査結果が一致しないこともあり、体感だけでは正しい判断が出来ないことを実感します。
そこで、すこやかBB腰痛整体では、感覚だけに頼らず、正確な状態を把握するために写真を撮影しています。



ちゃんと寝たはずなのに疲れが取れないのは...

2014年10月16日 [記事URL]

ちゃんと寝たはずなのに疲れが取れないのは...

いつも通り寝ているはずなのに、朝起きても疲れがとれない、肩が凝っている、腰が痛い、身体がだるい...。
そんな経験はないでしょうか。
考えられる原因は1つではありませんが、それらは「身体のゆがみ」によるものかもしれません。

普通に考えてみると、寝ている状態=リラックスした状態なので、寝ている間こそ「筋肉も緩むはず」なのですが、ゆがみがある=身体のバランスが崩れていると、ちゃんと寝ているはずなのに身体がリラックスできず、疲労が取れないどころか、悪化していってしまいます。

つまり、その日の疲れを取って身体が修復されるべきはずの就寝中に、逆に身体が壊れてしまっているかもしれないのです。

よく、朝起きると腰が痛いと仰る方が多くいらっしゃいます。
そんな方の寝ている姿勢を確認すると、腰・背中とベッド(布団)の間に隙間が空いている方がほとんどです。中には、拳1個分も隙間が空いている方もいらっしゃいます。
いわゆる、「反り腰」といわれる状態で、背中側の筋肉(背筋)が縮まり、お腹側の筋肉(腹筋)とのバランスが崩れてしまった状態(腰が詰まった状態)です。
そんな状態で、いきなりガバッと起き上がれば、腰に大きな負担がかかるのは当然のことです。
それではどうすればいいのか?夜寝る前と朝起きた後に、腰

が反ってしまった状態を放置せず、ほんの少し戻してあげればいいのです。そのために、簡単な体操をお教えしています。

私は、どちらかと言えばズボラなタイプなので、難しいこと、面倒なこと、時間のかかることは続きません...。3日坊主どころか、3日もちません...。
なので、面倒ではなく、出来るだけ簡単な方法をご案内出来るようにと思っています。

すこやかBB腰痛整体では、初めて当院の整体を受けられる方に、最初にこのお話をさせて頂いています。
そして、施術前と施術後とどう変わったか?、再検査を行い患者さんご自身に確認頂きながら説明を行っています。

身体の状態は一人ひとり異なるので、患者さんからの質問もさまざまなものがあります。
その一つひとつにきちんとお答えできるように、勉強していきたいと思っています。

続きを読む

t




  


ご予約・お問い合わせはこちら

その日の体調・症状・状態を、前回と比較し、細かくカウンセリングすることで、 体にあった、オーダーメイド整体を行っております。

症状は、同じに見えても 原因は、人それぞれ  あなたの 目的に合わせて よくなるベストな 方法を提供しております。

PageTop

顎関節症
小顔・ダイエット
体験者の声
スタッフ紹介
施術の特徴
施術の流れ
健康と整体
体の不調の人はゆがんでいる
当店の実績
必見HP特典
すこやかBB腰痛整体
代表紹介
リンク
ダイエット子顔 美容整体 公式サイト オープンしました
千葉 整体 ヤフー・googleで1位になりました
BeeTV

営業時間のご案内


830分-2030
(最終受付19時50分

定休日:年末年始のみ

ご予約のお申し込みは
お気軽にお電話ください


元気になりたい予約は、今すぐ

043-278-3746

千葉市で腰痛でお悩みの方
千葉市で肩こりでお悩みの方
千葉市でその他の症状でお悩みの肩
千葉県 千葉市 美浜区エキテン1位

こんな症状の方が
多くご来店されています


・腰痛
・顎関節症
・頭痛
・肩こり
・背中痛
・足のひえ
・手足のしびれ
・手足のむくみ
・慢性疲労
・スポーツ能力向上
・スポーツの怪我防止
・産後の体調管理
・産後の骨盤矯正
・膝痛

マンガでわかる千葉市すこやかBB腰痛整体!
カテゴリー
新着記事